隠岐から:風待ち海道倶楽部の情報お届けブログ


島根県隠岐の島町を中心としたまちづくり活動の情報をお届けします
by kazemachikaidou
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
風待ち海道倶楽部ホームページ
風待ち海道倶楽部の本体HPです。
風待商店街
西郷港界隈の商店が協同で立ち上げているHPです。
隠岐の島町役場
隠岐の島町役場の公式HPです。
e-oki.Net
隠岐の観光情報を一手に引き受けている隠岐観光協会のHPです。
布施ダイビングセンター
県内でも先進的にAEDを導入した布施にあるダイビングセンターです。
古民家“幸”
隠岐の島町北部の武良(むら)という地域で古民家を使った民泊・陶芸体験に取り組んでいるグループです。
隠岐野鳥倶楽部
隠岐に生息している野鳥の活き活きとした表情をとらえた写真を撮影されています。コウノトリやカワセミの写真もありますよ。
隠岐から発信!森林・林業普及情報
隠岐地方の森林・林業情報を提供されているブログです。写真も豊富です。
隠岐NPOセンター準備会
隠岐の島町のまちづくりに取り組むためのNPO設立に向けて活動しているグループです。現在は木質バイオマスなどを中心に取り組まれています。
最新のトラックバック
隠岐の島西郷港(続隠岐旅..
from 時空の流離人(さすらいびと)..
隠岐の島(隠岐諸島)
from さんたのブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

最後の攘夷志士

 司馬遼太郎氏の小説『幕末』の中で、最後の攘夷志士に登場する松林織之助の末裔の方が隠岐を訪れてくれました。
 幕末に、実際にあった英国公使ハーリー・パークス襲撃事件に関与したとされた松林織之助は、隠岐に流されたことは判明していましたが、隠岐でどのような待遇を受けていたのかを調べるために今回ご夫婦で隠岐を訪れました。
 パークス襲撃事件に関与した松林織之助、川上邦之助、大村貞助ら三人が隠岐に流された来たのは、隠岐騒動が勃発し自治政府を樹立した後、松江藩の巻き返しにあい再度隠岐は松江藩あつかりとなり、その後鳥取藩、長州藩の介入によって再度自治政府を樹立した時期でした。
 剣客であった川上邦之助、大村貞助は隠岐の志士たちに剣術を教え、松林織之助は銃隊教練の師となり、隠岐の志士たちの志気を鼓舞させたことが『隠岐島誌』『隠岐の流人』『隠岐国維新史』などに書かれていましたので、隠岐騒動などを研究している毛利氏、牧尾氏、藤原氏にも集まっていただき、それぞれの資料を持ち寄って松林ご夫妻と情報交換をしていただきました。
c0096493_12165198.jpg

 何故か真ん中に座っているのが牧尾氏でその両側が松林ご夫妻です。(ご主人の松林純夫氏が織之助のひ孫にあたります。)
c0096493_12194321.jpg

 せっかく隠岐に来ていただいたので、隠岐の自然環境や歴史を知っていただくためにガイドとともに隠岐を観光していただきました。
 この日は脇さんのガイドで鷲ヶ峰登山をしていただきましたが、霧で雄大な景色が見られなかったとのことでした。(是非次回は雄大な景色を楽しんでいただきたいと思います)
 
[PR]

by kazemachikaidou | 2009-07-28 12:27 | ■日々の様子
<< 化石発掘調査を行いました。 大満寺教育キャンプが始まりました。 >>