隠岐から:風待ち海道倶楽部の情報お届けブログ


島根県隠岐の島町を中心としたまちづくり活動の情報をお届けします
by kazemachikaidou
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
風待ち海道倶楽部ホームページ
風待ち海道倶楽部の本体HPです。
風待商店街
西郷港界隈の商店が協同で立ち上げているHPです。
隠岐の島町役場
隠岐の島町役場の公式HPです。
e-oki.Net
隠岐の観光情報を一手に引き受けている隠岐観光協会のHPです。
布施ダイビングセンター
県内でも先進的にAEDを導入した布施にあるダイビングセンターです。
古民家“幸”
隠岐の島町北部の武良(むら)という地域で古民家を使った民泊・陶芸体験に取り組んでいるグループです。
隠岐野鳥倶楽部
隠岐に生息している野鳥の活き活きとした表情をとらえた写真を撮影されています。コウノトリやカワセミの写真もありますよ。
隠岐から発信!森林・林業普及情報
隠岐地方の森林・林業情報を提供されているブログです。写真も豊富です。
隠岐NPOセンター準備会
隠岐の島町のまちづくりに取り組むためのNPO設立に向けて活動しているグループです。現在は木質バイオマスなどを中心に取り組まれています。
最新のトラックバック
隠岐の島西郷港(続隠岐旅..
from 時空の流離人(さすらいびと)..
隠岐の島(隠岐諸島)
from さんたのブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


他地域の紹介と経過報告

通り名を使った路地案内ということで社会実験に取り組まれている他地域を紹介。

同じ島根県内では出雲市の大社町で実験中。
出雲大社周辺で実施されています。
大社町社会実験について
道案内板分かりやすく 出雲大社周辺の3通り

また、和歌山県でも実験中です。
和歌山県ではウェブ上でもマップが見られるように工夫されています。
わかやま通り名マップ

隠岐でもいろいろと工夫していますが、隠岐は隠岐らしい案内サインの在り方を
考えていきたいと思います。

前回のヒアリング、まち歩きワークショップの結果を受けて現在デザインを修正中です。
修正内容としては主に、色を濃いブルー、シンボルをオレンジにすること。
大きさを起点と終点は60cm×20cm、間は縦をA3またはA4にし、周囲は電柱を囲むくらいにすること。
デザインとして、サインの上下にポイントとなる何かを追加すること。
の3点です。

近々、改めて新しいデザインで張り替える予定にしています。
[PR]

by kazemachikaidou | 2006-11-28 11:31 | ■社会実験

海士町 千本桜構想

同じ隠岐郡に属する海士町では「千本桜構想」が進められており、
今月26日ですべての植樹作業が完了したそうです。

海士の「千本桜構想」植樹完了

合計で1550本もの桜を4年間にわたって植樹したんですね。

金光寺山周辺でオオシマザクラ、ヤマザクラ、シダレザクラなどの苗木を一・三ヘクタールにわたって植えた。四年間の総植樹面積は十七・四ヘクタールに及んだ。


この桜が咲く頃には中ノ島(海士町)の春は綺麗な桜の名所となっているかもしれませんね。

こうやって、隠岐の各島がそれぞれの資源や地域の力を活かして
魅力を高めていければ隠岐全体にとってプラスになると思います。
[PR]

by kazemachikaidou | 2006-11-28 09:26 | ■日々の様子

ロシア写真展を開催します!!(12月17日まで)

隠岐とロシア沿海州地方とは遥か2万年前に、黒耀石で結ばれた道があります。

写真展の開催目的から抜粋します。
遥か2万年前、隠岐産の黒耀石が日本海を渡りウラジオストク、ナホトカなどロシア沿海州地方へと運ばれていたことは遺跡調査によって確認がされており、その当時の盛んな人・文化の交流の道も見えてきます。


2万年も昔、隠岐の黒耀石がその優れた性質から現在の日本国内だけでなく、
ロシア沿海州地方まで運ばれていたのです!!
そして、そんなモノのやりとりがあれば必ず人や文化も交流があったはずですよね。

これはさながら「絹の道:シルクロード」になぞらえて、
「黒耀石の道:オブシディアン・ロード」と呼べるものではないでしょうか?

町内には日露戦争時に漂着したロシア人の戦没者を手厚く葬っているロシア人墓地も各地にあり、戦没者慰霊における交流も行われてきました。

これは隠岐の島町に限らず同じ隠岐郡の西ノ島町にも縁の深い碑があります。
山本幡男さんという方の話は胸が熱くなります。

その他にも、現在五箇の重栖に住み着いているコウノトリもロシア生まれだと考えられ、
隠岐とロシアは縁が深いといえます。

そうしたロシアの様子を写した写真展を風待ちスタジオが入っている高速船待合所を
使って開催します。

c0096493_18351158.jpg

[PR]

by kazemachikaidou | 2006-11-24 18:35 | ■倶楽部ニュース

隠岐・風待ち海道エコツーリズム大学 in 佐世保

先週末、11月18日(土)に長崎県佐世保市の長崎県立大学で「させぼエコツーリズム大学」が開催されました。
この「させぼエコツーリズム大学」に合わせて、隠岐でのエコツーリズム大学の紹介と
合わせて「隠岐・風待ち海道エコツーリズム大学 in SASEBO」講座を開いてきました。

まず第一講座として、「佐世保市エコツーリズム推進事業の可能性と課題」と題して
長崎県立大学の先生方がパネルディスカッションを。

その後、第二講座として「隠岐・風待ち海道エコツーリズム大学 in SASEBO」。

長崎県立大学の西村先生による趣旨説明の後、隠岐で普段から講師として
活動しているメンバーが「歴史学科」、「自然環境学科:陸上コース」、
「自然環境学科:海洋コース」の3つの講座を開校しました。
c0096493_1803310.jpg

これは、黒耀石と鹿の角を使った「矢じり」づくりの実演をしているところです。
黒耀石を鹿の角で剥ぎ取りながら鋭い矢じりを作っていきます。
慣れるまではとても難しいんですよ。

講座が一通り終わった後は、質疑応答の時間もありました。
c0096493_183206.jpg


全編通じてコーディネイトしてくださった山田千香子先生ありがとうございました。
c0096493_17551243.jpg

また、西村先生をはじめとしたパネリストの先生方、隠岐の取り組みを疲労する機会を
設けていただいた皆様には大変感謝しております。

講座には長崎県立大学の学生さんを中心に数十名の方が参加されていました。
c0096493_17585220.jpg


よかったら隠岐まで来て隠岐の講座を体験してみて下さい!
[PR]

by kazemachikaidou | 2006-11-24 18:07 | ■エコツーリズム大学

日本風景街道の調印式!!

隠岐の島町では、今年度日本風景街道(シーニックバイウェイ)のモデル地区に
認定され、島の資源を活かしてエコツーリズムを推進して、活性化を目指しています。

日本風景街道におけるルート名は
「豊かな自然や人がおもてなす とって隠岐の寄り道ルート」です。

隠岐には植生や昆虫、岩石、海洋資源など数多くの資源があり、
なかには非常に貴重でアカデミックな資源もあります。
そして、隠岐でもっとも素敵な資源が「ひと」によるおもてなしです。

ひとによるおもてなしと、隠岐にある資源を結ぶ“みち”を活用したまちづくり、道づくりが
日本風景街道における目的です。

この一連の動きとして、11月16日に隠岐の島町で日本風景街道に関する調印式が
執り行われました。
隠岐の島町からは風待ち海道協議会会長である松田和久(隠岐の島町長)が、
国土交通省からは松江国道事務所島村所長が出席し、調印を交わしました。

c0096493_14545966.jpg

左が島村所長、右が松田協議会会長です。

c0096493_14555348.jpg


「エコツーリズム」の推進によって本当の隠岐の良さ、隠岐にある本物を感じてもらい、
少しでも多くの旅行者の方に来てもらいたいと思います。

これからも隠岐、風待ち海道倶楽部はがんばりますよー!!
[PR]

by kazemachikaidou | 2006-11-21 14:57 | ■日本風景街道/SBW

池が完成しました

少し間が空いてしまいましたが、コウノトリとの共生を目指してつくっていた
池(ドジョウなどの魚類が成育できる場)が完成しました。

c0096493_1134678.jpg

これは完成間近に撮影した池づくりの様子です。

これが完成するとこうなります。
c0096493_1165855.jpg


隠岐も次第に寒くなってきて、写真からもわかると思いますが冬が近づいています。

この池がどんな風にコウノトリとの共生に役立つのか、これからもお知らせしたいと思います。
[PR]

by kazemachikaidou | 2006-11-21 11:09 | ■倶楽部ニュース

ヒアリング実施しました

先週末(10日、11日)にまち歩き・ワークショップを実施したのに合わせて、
対象エリアを歩いている方にもヒアリングを行いました。

その結果をいま取りまとめているところですが、いろんな意見をいただきました。

肯定的な意見では、
懐かしいことを思い出した
ここに数十年住んでいるが、こういう通り名があるとは初めて知った。勉強になった
路地を歩くときは一つは由来を読んでみている


などがありました。

批判的な意見では、
住民への周知が足りない
電柱は広告と勘違いするので良くない
分かりにくい


などがありました。

今後は、これらの意見も参考にしながら、どういった形が隠岐に適しているのかを
検討していきたいと思います。

地元の人にもっと理解してもらうことが大切ですね。
[PR]

by kazemachikaidou | 2006-11-14 08:07 | ■社会実験

隠岐の空

今朝の隠岐は冷え込んで、霰も降っていました。

けれど、昼前にはあおぞらも広がって良い天気になってきています。
ところどころ雲が出ていますけどねー。

c0096493_13201445.jpg

これは昼前に撮影した隠岐の空です。

きれいに青空が広がっています。

ちなみに、今日は隠岐の駅伝大会があったようです。

参加された方はお疲れ様でした。
[PR]

by kazemachikaidou | 2006-11-12 13:28 | ■日々の様子

コウノトリとの共生を目指して 池づくり

昨日、まち歩きが終わった後のワークショップも終盤になったころ、
五箇でドジョウなど魚類が生息できる池づくりに取り組んでいらっしゃる方が
風待ちスタジオにひょこり顔を出されました。

お話を聞いていると、池もかなり完成に近づいているようですよ!!

ただ、雨が降ったので土壌が緩んだことなどもあり、昨日はちょっと休憩されたようです。

基本的に、造っている池の周囲は立ち入り禁止だそうですが、
雨が降っていなくても緩い土壌だそうで、無造作に入ることは本当に危険なようです。

子供たちが入らないようにする必要がありそうです。
[PR]

by kazemachikaidou | 2006-11-12 09:33 | ■コウノトリ

まち歩き&ワークショップしました!

おはようございます。

すっかり寒くなってきましたねー。
今朝は冷え込んで、霰も降ってきましたよ。

ところで、昨日は通り名を使った路地案内に関して、まち歩きを行いました。
あいにくの雨天だったので、当初予定していたコースを短縮して、
目貫通り→木橋小道→ダンジリ通り→地蔵院坂→五賀屋小路
→藤屋小路→永代橋通り→灘通り→安野屋小路

といった経路でした。
c0096493_13172055.jpg


まち歩きの前にこれまでの設置状況などを説明し、歩き終わった後に課題や
修正点などを確認しました。
c0096493_1315667.jpg


その中で出てきた意見としては、下の3点が主に指摘されました。

・安野屋小路→七軒屋小路:藤屋はもうないので分からない。
・藤屋小路 →山笛小路:お祭り?で山笛がとおるため。
・地蔵院坂 →谷小路と地蔵院坂:谷小路の方が通りがよい。

サインの色や大きさについてはいろんな意見がありましたが、
濃いブルーをベースに、シンボルをオレンジ、文字は白文字で進めることになりました。
また、大きさについては通りの起点と終点は、縦60cm×横20cmのものを、
間はA4またはA3(電柱の太さによる)を使用することになりました。
当初は、8cm×16cmも用意していましたが、あまりに小さく目立たないため不採用です。

色も茶色が似合っている、淡いブルーも良いなどありましたが、濃いブルーでもう一度
張り直してみて再度検討したいと思います。

まち歩きはもう一度予定しているので、次回は多くの方に呼びかけ、
参加していただきたいと考えています。

この様子は後ほど写真も追加したいと思います。
[PR]

by kazemachikaidou | 2006-11-12 09:27 | ■社会実験