隠岐から:風待ち海道倶楽部の情報お届けブログ


島根県隠岐の島町を中心としたまちづくり活動の情報をお届けします
by kazemachikaidou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
風待ち海道倶楽部ホームページ
風待ち海道倶楽部の本体HPです。
風待商店街
西郷港界隈の商店が協同で立ち上げているHPです。
隠岐の島町役場
隠岐の島町役場の公式HPです。
e-oki.Net
隠岐の観光情報を一手に引き受けている隠岐観光協会のHPです。
布施ダイビングセンター
県内でも先進的にAEDを導入した布施にあるダイビングセンターです。
古民家“幸”
隠岐の島町北部の武良(むら)という地域で古民家を使った民泊・陶芸体験に取り組んでいるグループです。
隠岐野鳥倶楽部
隠岐に生息している野鳥の活き活きとした表情をとらえた写真を撮影されています。コウノトリやカワセミの写真もありますよ。
隠岐から発信!森林・林業普及情報
隠岐地方の森林・林業情報を提供されているブログです。写真も豊富です。
隠岐NPOセンター準備会
隠岐の島町のまちづくりに取り組むためのNPO設立に向けて活動しているグループです。現在は木質バイオマスなどを中心に取り組まれています。
最新のトラックバック
隠岐の島西郷港(続隠岐旅..
from 時空の流離人(さすらいびと)..
隠岐の島(隠岐諸島)
from さんたのブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:イベント ( 10 ) タグの人気記事


地域資源活用シンポジウム 1日目(パネルディスカッション部分)

隠岐の島町ふれあいセンター2階を会場として開催した『地域資源活用シンポジウム』。

初日の22日、第2部パネルディスカッションの様子をご報告します。

c0096493_14294219.jpg

(写真:左から斎藤さん、八幡さん、村上さん、赤坂先生、宮島さん、沢田先生、小室先生、高須先生、山根さん)

■テーマ1 地域資源を活かした隠岐の観光振興について

パネリストの方からは、隠岐は小さな島に多様な資源があることがすごい!というコメントをいただいたり、たとえるなら、ハワイのダイヤモンドヘッドのようなものが空港近くに存在しているんだ、というような紹介がありました。

空港近くには40万年前の火山を示す「タフリング」というものを観察できるそうです。
それに、隠岐の資源というのは、日本本島に珍しく、どちらかというと大陸側でよく観察できるものだそうで、ある先生は冗談めかして「隠岐は日本ではないのではないか」と仰っていました。

島の成り立ちを示した図を見ると、大陸側の資源がたくさん残っていても不思議ではありませんね。

また、隠岐では火山の内部構造を観察することができるそうで、翌日の現地ツアーでは島根大学の学生も参加していましたが、とても喜んでいる様子でしたよ。
c0096493_14474615.jpg


○人類はどこまで深く掘れたのか?
記録によると12kmだそうです。
そのため、マントルというのは人類が掘って採集しているのではないそうです!
噴火の時に一緒に出される、いわば「神様からの贈り物」だそうですよ☆(ある先生曰く)
そして、そんな神様からの贈り物が隠岐にはあるようですが、これは世界的にもそんなに多いものではないそうで、やはり隠岐は貴重な資源を有しているということでした。

国内では秋田の男鹿半島が有名だそうですが、こちらは有名すぎて?ゼノリスやノジュールといったものが採集され尽したらしく、今行ってもたぶん、見ることはできないだろう、ということです。

○30億年前の鉱物
国内にはほとんどない30億年前の鉱物が隠岐にはあるんです。
日本最古の鉱物が隠岐の変成岩に含まれる、つまり隠岐片麻岩です。これが地質関係者によると「ウリ」になるようです。

ピンと来ない方、「YN変換」を思い出してください!!

30億年 → 30億NEN → 30億YEN → 30億円

どうでしょうか?
どれだけすごいものが隠岐にあるのか、感覚的に分かりますよね!!
しかも、こうした地質が隠岐ではストーリー性をもって語ることができる稀有な地域だそうです。

○隠岐の地質図
村上さんが島根大学と共同で隠岐(島後)の地質図を作られているそうです。これが完成すれば、島後に関するスタンダードな地層・地質の知識・アイテムが揃うんだ!ということでした。
ちなみに、島前については既に完成しているようですよ。

■テーマ2 隠岐諸島の世界ジオパーク登録の可能性について
○受け入れ体制の問題
地層・地質に関する情報や知識を子どもたちへ伝えようと思うと、言葉だけではものすごく難しいということを八幡さんが仰っていました。
経験上、図に描いて示すのが一番、わかり易いということでした。

そうなると、例えばエコツアーの備品として、携帯用のホワイトボードとか持ってると良いかもしれないですね~。

パネリストの方からは、子供向けの地層・地質をわかりやすく説明した「絵本」を作った事例なんかも紹介されました。

それに、横文字はできるだけ使わない、といったコツも紹介されました。
さすがだなーと思ったところは、八幡さんも斉藤さんも村上さんもそうでしたが、とにかく新しい知識をドンドン吸収していきたいんだ!と仰っていました。
知識欲もそうなんでしょうが、より実際的には詳しいお客さんへの対応という現実的な課題に常に直面されているからこそ、でしょうね。

○糸魚川での受け入れ体制
宮島さんからは糸魚川での状況をお話していただきましたが、従来、塩の道ということで歴史ガイドは以前から活動をされていたようです。
しかし、ジオパーク登録に向けて必要な植物や鉱物をガイドできる人材がこれまではいなかったようです。
ただし、最近は徐々にジオパークへの理解も進み、植物や鉱物についても解説できるガイドが揃いつつあるそうです。

隠岐でも「風待ち海道エコツーリズム大学」を展開している以上、負けられないところですね。

○隠岐での課題
八幡さん、斉藤さんからは隠岐でガイドをしている中で感じる課題について、話がおよびました。

1.ガイド専業にできない
まず、隠岐の現状ではガイド一本で生活できるほどの収入レベルには達していないことがあげられます。
よって、今ガイドとしてご活躍いただいている方の多くは兼業です。
お二人からは何らかの組織ができて、そこでガイド業務ができれば…という話がありました。

2.ガイドの人間性
また、ガイドというのは知識だけがあれば良いというものではない、という指摘。
知識は当然必要ですが、ガイドする相手、つまりお客様はいつも違う人たちで、しかもグループの中でも知識レベルが異なっています。
そうした違いに気づき、どういう話だとわかりやすく、楽しんで聞いてもらえるかということに腐心できるような人じゃないと難しい、ということでした。

3.ガイド育成
最後に、エコツーリズム大学などへの参加はたしかに手ごたえを感じている。しかし、あくまでも勉強の場に出てきている人が大多数で、できればそこから現場(ガイド)に向いていってほしい、という強い思いを持っていらっしゃいました。

実際、仮に隠岐が世界ジオパークに登録されたとしたら、おそらくは旅行者が急増すると思われます。
しかし、その時にガイドできる人材が不足していたとしたら……、断らざるを得ません。
そうしたことは現役のガイドとして活躍されているお二人からすると、恥ずかしい、情けない、そんな複雑な心境なのかなと思います。

このブログをもしも隠岐の方が見ていらっしゃいましたら、ぜひガイドにチャレンジしてください!!

○宮島さんからのヒント
最後に宮島さんからのヒントがありました。
まず、世界ジオパークになるためには、日本という国の特性、つまり島国ならではのジオパークのテーマを出すこと。
そして、ジオパークの範囲を適切なものにしておくことが重要である、ということでした。

例えば、近くに貴重かつ有名な資源があるのに範囲に含まれていない場合、なぜ入っていないのか、という突っ込みがあるそうです。

大変貴重なヒントでした。

■全国地質調査業協会連合会からの表彰
このパネルディスカッション終了後に、思わぬサプライズ!!
全国地質調査業協会連合会(全地連)から風待ち海道倶楽部が表彰を受けました!!!
全地連からの表彰(奨励賞)ですので、主に地層・地質に関連することでありますが、その評価点としては主に次のような点でした。
地質のみならず、植物や動物、歴史文化などを同時に
地域資源として捉え、地域学講座を開いていること、
そして、それが地域の人材育成につながっていることが
高く評価された。


中国地質調査業協会理事長で、全地連常任理事の藤井社長から当倶楽部会長の吉岡さんに表彰状などが手渡されました。
c0096493_15194662.jpg

c0096493_15221233.jpg


この表彰も、隠岐が世界ジオパーク登録に向けて進む、いい刺激になったと思います。
[PR]

by kazemachikaidou | 2008-11-27 15:20 | ■ジオパーク

地域資源活用シンポジウムを開催しました

11月22日・23日の二日間にわたり、地域資源活用シンポジウムを開催しました。

■プログラム
 11月22日(土)
 ・副町長挨拶
 ・開会の挨拶
 ・リレートーク
  ○隠岐の自然環境の魅力について(隠岐自然倶楽部 八幡浩二氏)
  ○知られざる隠岐の歴史について(島後とぎの会 斉藤一志氏)
  ○隠岐の地質資源について(コスモ建設コンサルタント 村上久氏)

 ・世界ジオパークの取り組みについて
  ○糸魚川市におけるジオパークの取り組み(フォッサマグナミュージアム 宮島氏)
  ○島根県におけるジオパークの取り組み(島根大学総合理工学部 赤坂氏)

 ・パネルディスカッション
  ○テーマ1 地域資源を活かした隠岐の観光振興について
  ○テーマ2 隠岐諸島の世界ジオパーク登録の可能性について
   コーディネイター 山根収氏
   パネリスト  宮島氏、村上氏、八幡氏、斉藤氏、赤坂氏・沢田氏・小室氏・高須氏(島根大学)
 ・閉会の挨拶
 ・懇親会

 11月23日(日)
 ・隠岐の地層・地質講座(現地ツアー)
  ○西回りコース
  ○東回りコース


22日のシンポジウムへの参加は100名を超え、翌23日の現地ツアーにも40名以上の方にご参加いただくことができ、盛況のうちに終えることができました。

まずは、本シンポジウム開催にあたってご協力いただきました皆様、ご参加いただいた皆様に感謝申し上げます。

c0096493_8515641.jpg


以後のエントリで詳しくお知らせします♪
[PR]

by kazemachikaidou | 2008-11-25 08:52 | ■ジオパーク

陶芸展を開催中です

現在、風待ちスタジオ横では隠岐に住んでいらっしゃる方が制作された陶芸作品の
展示を行なっています。
c0096493_8543273.jpg


見事な作品を数多く展示していますので、お気軽にご来場下さい。
c0096493_10464952.jpg


入場は無料です。

陶芸作品以外にも、手づくりの作品を展示していますので、こちらもご覧下さい。
c0096493_10474322.jpg


ご来場の際には、ぜひ風待ちスタジオにも寄ってみて下さい!!

隠岐の昔の写真や黒耀石でつくったストラップ、観光パンフなど数多くそろえていますよ♪
[PR]

by kazemachikaidou | 2007-01-23 10:49 | ■風待ちスタジオ

風待ち海道あおぞら市 年末市の様子

こちらも大変遅くなりましたが、あおぞら市年末市の様子を紹介します。

c0096493_1551970.jpg


今回も大勢のお客さんに来ていただくことができました。

c0096493_1554373.jpg


場所は風待ちスタジオ前の岸壁を使いました。

寒いなか、参加された皆様お疲れさまでした。

また、ご協力ありがとうございました。
[PR]

by kazemachikaidou | 2007-01-16 15:06 | ■風待ちスタジオ

あけましておめでとうございます

新年明けて最初の記事です。

2007年の風待ちスタジオは来週末からイベントが続きます!!

今日は、そのイベントのチラシが出来上がってきましたのでお知らせします。

①文化幼稚園 園児作品展

②陶芸グループ 楠壷作品展
 みっちゃんの絵手紙作品展

③隠岐の野鳥写真展・講演

④隠岐文化財写真展・講演

c0096493_11364476.jpg


お問合せは以下の2ヶ所まで。

A.隠岐の島町役場建設課内風待ち海道倶楽部事務局 08512-2-8564
B.風待ちスタジオ 08512-2-8118
[PR]

by kazemachikaidou | 2007-01-05 11:39 | ■倶楽部ニュース

朝市の様子 in 青森県八戸市

朝市で検索したら楽しそうな朝市を開催されているところがありました。

青森県八戸市だそうです。進め!八戸せんべい汁推進委員会

リンク先を見ていただけばわかりますが、美味しそうな揚げ物や寒い季節には嬉しい鍋。
タイヤキに味噌焼おにぎり、つきたてのお餅などたくさんの商品が出てます。

隠岐でも風待ち海道あおぞら市ということでカニの味噌汁やうに味噌、
お米やうどんなどを販売していました。

↓の記事で案内したように、年末市でも販売しますよ♪
[PR]

by kazemachikaidou | 2006-12-26 10:11 | ■日々の様子

風待ち海道クリスマスコンサート開催

先週末の23日には、風待ちスタジオを使って風待ち海道クリスマスコンサートを開催しました!

ご夫婦でプロ顔負けのラテンミュージックを演奏して下さった方、バンドで出演して下さった方など音楽の分野をまたいだコンサートになりました。

c0096493_9502385.jpg


こちらはマリンバを使ったラテンミュージック。
プロ顔負けで、来場していた皆さんも感動していました♪

c0096493_9512348.jpg


こちらはバンドで出演していただきました。


昼の部と夜の部で分けて開催しましたが、昼は年末で忙しいのか、あまり来ていただくことができなかったのが残念です。
夜の部一本で絞っても良かったのかなと思います。

ですが、来ていただいた方には楽しんでいただけたと思いますので、開催できてよかったという思いもあります。

年末から来年2月いっぱい、風待ちスタジオを使ったイベントが続きます。
気軽にお越し下さい。
[PR]

by kazemachikaidou | 2006-12-26 09:55 | ■風待ちスタジオ

〔お知らせ〕 年末~来年2月までの予定

年末から来年2月までの予定をお知らせいたします。
年明け9日から1週間~2週間のペースで何らかのイベントを風待ちスタジオ横で
開催します。
お気軽にお立ち寄り下さい。

   ○   ○   ○

H.18年
 12月28日 :風待ち海道あおぞら市(年末市) 12:00~14:00

H.19年
 1月9日~18日 :文化学院幼稚園作品展

 1月20日~27日 :隠岐陶芸展

 1月28日~2月10日 :隠岐の野鳥展(風待ち海道エコツーリズム大学特別講座も開校)

 2月11日~24日 :隠岐の文化財展(風待ち海道エコツーリズム大学特別講座も開校)


   ○   ○   ○

28日のあおぞら市には、以下のような商品が予定されています。
もち・そば・うどん・正月飾り・ひおうぎ貝・養殖あわび・鮮魚・かに・水産加工品・野菜・農産加工品・しいたけ・花 など


※天候等により、予定商品をやむなく変更する場合がございます。ご了承下さい。

なお、駐車場は立体駐車場(ビューポートホテルそば)をご利用下さい。
路上駐車、フェリー航送駐車場には絶対に駐車しないようお願い致します。
c0096493_9444241.jpg

[PR]

by kazemachikaidou | 2006-12-26 09:39 | ■倶楽部ニュース

ロシア写真展記念イベント開催

風待ちスタジオ横スペースで開催中のロシア写真展開催記念として、12月10日に
ロシアからの国際交流員であるクセニアさんからロシアでの暮らしなどを
紹介していただきました。

この前日の9日には、風待ち海道エコツーリズム大学2006の第2回講座として、
島内各地の神社を巡りながら歴史講座も開催しましたが、この講座には
クセニアさんも参加していただきました。

クセニアさんは大学で日本史を専攻されていたそうですよ。

神社巡りの途中では、講座に参加されていたメンバーの一人が勤める
隠岐酒造に立ち寄り、隠岐のお酒を試飲しました。

そんなクセニアさんがプレゼンをしていた様子を紹介します。
c0096493_17423030.jpg


↓はロシアの防寒着だそうです。
c0096493_17431033.jpg


うちの吉岡会長も防寒着を着て楽しんでました♪
左がクセニアさん、右が会長です。
c0096493_17434613.jpg


この後は「風待ちコンサート」として、風待ちセッションバンドが演奏してくれました。
c0096493_17452143.jpg


このロシア写真展、今週末の17日までとなっております。
まだお越しになっていない方が周りにいればぜひお声を掛けて気軽にお越し下さい。

入場料等は一切不要ですよ~。
[PR]

by kazemachikaidou | 2006-12-14 17:47 | ■倶楽部ニュース

ロシア写真展を開催します!!(12月17日まで)

隠岐とロシア沿海州地方とは遥か2万年前に、黒耀石で結ばれた道があります。

写真展の開催目的から抜粋します。
遥か2万年前、隠岐産の黒耀石が日本海を渡りウラジオストク、ナホトカなどロシア沿海州地方へと運ばれていたことは遺跡調査によって確認がされており、その当時の盛んな人・文化の交流の道も見えてきます。


2万年も昔、隠岐の黒耀石がその優れた性質から現在の日本国内だけでなく、
ロシア沿海州地方まで運ばれていたのです!!
そして、そんなモノのやりとりがあれば必ず人や文化も交流があったはずですよね。

これはさながら「絹の道:シルクロード」になぞらえて、
「黒耀石の道:オブシディアン・ロード」と呼べるものではないでしょうか?

町内には日露戦争時に漂着したロシア人の戦没者を手厚く葬っているロシア人墓地も各地にあり、戦没者慰霊における交流も行われてきました。

これは隠岐の島町に限らず同じ隠岐郡の西ノ島町にも縁の深い碑があります。
山本幡男さんという方の話は胸が熱くなります。

その他にも、現在五箇の重栖に住み着いているコウノトリもロシア生まれだと考えられ、
隠岐とロシアは縁が深いといえます。

そうしたロシアの様子を写した写真展を風待ちスタジオが入っている高速船待合所を
使って開催します。

c0096493_18351158.jpg

[PR]

by kazemachikaidou | 2006-11-24 18:35 | ■倶楽部ニュース